BAD_ACCESS

おもにiOS、ときどき変な電子工作、ガジェット話。

Parse.com上に自分のプロジェクトを作成して、いくつかのデータを追加する。ーParseでローカルキャッシュ(1)

※tech.kayac.com Advent Calendar 2013に投稿したぼっちiOS開発者がParse(Parse.com)使った結果wwwwwwwww の補足記事になります。 量が多かったので全部で4つの記事に分けています。

Parse.com上に自分のプロジェクトを作成して、いくつかのデータを追加する。ーParseでローカルキャッシュ(1)

Xcode上でプロジェクトを作成し、"ParseSDK"と"AFNetworking"を導入する。ーParseでローカルキャッシュ(2)

同期用のクラス"SyncEngine"とCoreData周りの処理を追加する ーParseでローカルキャッシュ(3)

アプリ起動時に同期の処理を行う。ーParseでローカルキャッシュ(4)

※基本的には以下の記事の内容通りに進めています。自分のアプリに応じて適宜、書き換えていただければと思います。 How To Synchronize Core Data with a Web Service – Part 1 How To Synchronize Core Data with a Web Service – Part 2

Parse上に新しいアプリを作成

まず、Parse.comにアクセスしてアプリを新規作成します。

DataBrowserを選択して早速クラスを作ります。

Add New Classを選択して、クラスを作成します。

Columnの追加

さきほど作成したクラスにColumnを追加していきます。 ここではname image detailの3つのColumnを追加します。

データの入力

Columnの作成が完了したら、データをいくつか入れてみます。 データの入力が完了すると下記のようになっているはずです。

つづいてXcodeでプロジェクトを作成します。

広告を非表示にする